モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

モビットで行われる審査

キャッシングを利用するためには申し込みをして審査に通らなければならず、信用によってお金を借りるなので誰もが融資を受けられるわけではありません。金融会社がそれぞれ定める審査基準に合格して、初めて借り入れが出来るようになりますので、モビットにおいても審査はしっかりとされます。

審査で重視されうる点

キャッシングの審査においては、信用情報を重要視しています。消費者金融系業者が多く加盟するJICC、信販系業者が多く加盟しているCIC、そして銀行の全銀協など、信用情報機関はいくつもあり、それぞれで利用者のキャッシングやクレジットの利用履歴を記録しています。

履歴を見た際に返済の遅れがあったり、過去に何らかのトラブルがあると審査においてはネガティブな影響を与えてしまい、申し込み時点で他社の返済が遅れているような状況では、モビットをはじめとする大手のキャッシングはほぼ利用出来ません。

信用情報機関同士の共有

全ての金融会社が全ての信用情報機関に加盟しているわけではないので、例えばJICCには加盟していても、全銀協には未加盟とする業者も当然ですが存在します。それであれば全銀協に事故履歴があっても、未加盟でJICCだけ加盟の消費者金融なら利用出来ると考えるものですが、そう甘くはないのです。

基本的に、信用情報機関はそれぞれの情報を共有しあっているため、どこかの業者でトラブルを起こしてしまうと、全ての業者で以後の審査に悪影響が出ます。一度登録された情報は登録内容にもよるものの数年間は残りますので、長期間に渡る返済の滞納などをしてしまうと、完済をしてもその後の5年間ほどは、新規でのカードが作れなくなる可能性があるのです。

キャッシング審査においては信用情報が大きなポイントとなりますので、今後のキャッシングのみならずローン審査も含めて考えると、信用情報を汚さないような利用を心がけなければなりません。

トップへ戻る