モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

返済で大きな負担となる利息

モビットでもどこのキャッシングでも、利用をすれば返済をしなければなりません。お金をもらっているわけではなく借りているので当然であり、返済時には借りたお金や期間に対する利息も支払う必要があります。

借りた元金分だけでもいざ返済となると大変なものですが、加えて利息の支払いもあるのでキャッシングの返済は大変と言われています。少しでも返済の負担を減らすためには利息を削減することも大事ですので、お金を借りる前にはしっかりと利息の計算について理解をしておくと良いでしょう。

利息の計算方法

キャッシングの利息は借りたお金、金利、期間に応じて発生する日割り計算となります。日割りとなれば単純に借りている日数を短くすれば利息も減ります。

分割払いの場合には返済のサイクルを早めるのは難しいですが、一括で返してしまう利用方法であるなら、借りてから返すまでの期間を極力短くすることによって利息の金額は抑えられます。

借り入れ残高を減らす

また、利息は借り入れ限度額ではなく借り入れ「残高」によって計算されますので、借りている金額を減らしていけば利息も下がります。30万円を借りていても、返済を続けて元金が減り、借り入れ残高が10万円になれば利息もそのまま3分の1近くに下がるのです。

分割払いの際には月々の最低返済金額が設定されていますが、最低金額だけでは元金の返済は期待できずに利息負担も下がりません。効率的に返済を進めるなら上乗せしての返済を進めるべきであり、乗せた分は丸々元金分にあたりますので、翌月以降に発生する利息が削減出来ます。

余裕のある返済を進めていく

毎月の余剰資金が2万円あるすれば、計算上は月々の返済が2万円までなら一先ずは返済には困りません。しかし、2万円が最低返済の契約で借りてしまうと、完済までに5年などの長い期間がかかるので、利息負担も大きくなります。

2万円の余剰資金があるなら、借りるお金は月々1万円を最低返済とする契約で進めるとよく、倍額の余裕を持っておけば何か急な出費があった際でも、返済が滞ったり不足する可能性も下げられます。

ギリギリで借りてしまうと後々で自分が困る可能性もあり、利息の負担も大きくなってしまいますので、常に余裕を持った返済でキャッシングを利用していきましょう。

利息 = 借り入れ残高×金利÷365日(366日)×借り入れ日数

トップへ戻る