モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

返済は計画的に行いたい

余裕のある返済を心がけて計画的にキャッシングを利用していけば、誰かには頼りづらいお金の悩みでも借り入れは便利で助かるものとなります。しかし、いくら計画的に利用していても冠婚葬祭が重なったときなどの急な出費で、返済で困ってしまう場合もあります。

返済は期日通りに決められた金額を支払うのが基本ではあるのですが、どうにもならない場合はどのようにすべきなのでしょうか。

返済のトラブルは連絡を

期日から遅れてしまう際、金額が足りない際には、まずはモビットに連絡を入れてください。会員専用メニューからでも電話からでも相談が出来ますが、電話の方が伝えやすいでしょう。正直に「今月はちょっと遅れそう」「金額が若干足りない」と伝えると、返済の相談に乗ってくれます。

相談をし、変更してもらった返済期日にしっかりと決められた金額を入金すればモビット側から不用意な電話連絡や通知も届きませんし、遅れたことによる通常よりも高い利率での遅延損害金こそありますが、問題なく返済を進められるのです。

信用の面でのデメリット

返済が遅れると信用情報機関の利用状況に「遅れマーク」が、不足をすると「不足入金マーク」が記載されます。一般的にブラック情報と呼ばれる「異動」や、それに近い大きなネガティブ情報ではないので影響は軽微ではありますが、それでも遅れや不足を繰り返していると信用が大きく落ちます。

また、長期間に渡る返済の遅れとなると、事故情報である上記の「異動」が記載されてしまいますので、今後のキャッシングやローン審査に大きな悪影響が出てしまうのです。

1日や2日程度の遅れで直ちにブラックになることはありませんが、遅れてしまえばモビット側からの信用を落としてしまいますので、出来ることなら返済は遅れず不足せずに進めたいものです。

モビットは返済については厳しいため、遅れてしまって連絡をしないとたとえWeb完結で申し込んでいるとしても本人のもとへすぐに電話が来ます。Web完結による電話無しはあくまで契約時の話であり、利用中のトラブルについては別問題となるのです。

トップへ戻る