モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

返済の基本は元金を減らすこと

カードローンは借り入れと返済のバランスを十分に考えて利用しましょう。金利にこだわるのは当然のことですが、それよりも大切なのはどれだけ元金を減らせるかなのです。金利が高くても、数日しか借りないのであればほとんど影響しません。

住宅ローンは非常に低金利ですが、利息だけで1,000万円以上になることが少なくないです。これは借入額が大きくて、さらに返済に数十年を要するからです。金利が低くても、支払う利息が大きくなるようでは意味がないので、利息を減らすように心がけましょう。

利息を減らすためには、元金を減らすことが何よりも大切となります。元金がゼロだと利息もゼロとなりますが、これは元金と利息が比例するからです。元金をどんどん減らしていけば、利息も小さくなり、返済の負担は軽くなります。

元金をどれほどのペースで返すか

返済計画においては、金利よりもどれだけ元金を減らすかが最も大切となるのです。そのためには、無理をした借入額を設定するのではなく、返せる範囲で借りるようにしましょう。

無理なく返済できる金額というのは、自分しかわかりません。家計を見直して、収支のバランスを把握して、返済に回せる金額を知りましょう。収支が漠然としている状態では、どれだけ返済に回せるのか把握できないはずです。

トップへ戻る