モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

貸金業者の名前とその違い

お金を貸してくれる貸金業者の呼び方には、さまざまなものがあります。「消費者金融」「コンシューマーファイナンス」「サラ金」「街金」「ヤミ金」といったものです。似たような感じですが、微妙に違いもあります。

消費者金融

貸金業者の名前と言って現在もっともよく聞かれるのが、消費者金融です。同じような業種として銀行がありますが、銀行と消費者金融には明確な違いがあります。銀行には口座があり、消費者金融には口座がないということです。

同じようなローン商品を展開している両者ですが、消費者金融が「ノンバンク系」と呼ばれるのは「銀行ではない金融会社」との意味なのです。

ちなみに「コンシューマーファイナンス」とは、「コンシューマー」が消費者を指す意味ですので、日本語にすると「消費者金融」となります。聞こえがいいという理由で、コンシューマーファイナンスを名乗っているキャッシングサービスもあります。

サラ金・サラリーマン金融

サラ金と聞くと悪徳業者のようなイメージがありますが、そうではありません。サラ金は略称であり、正しくはには「サラリーマン金融」と言います。事業内容としては、消費者金融と全く同一です。

かつては、利用者の大半がサラリーマンだったことから「サラ金」と呼ばれていましたが、現在ではサラリーマン以外にも、アルバイトやパートによる安定収入を得ている学生や主婦も利用していることから、消費者金融に名前がシフトしつつあります。

マチ金・街金

消費者金融と街金、キャッシングのサービスとしては大して変わりはないのですが、その規模に違いがあります。消費者金融と呼ばれるところは比較的大規模で、街金は小規模な事業となり、地域密着型の店舗が多いのが特徴です。

しかし、上記のサラ金と同じく名称に明確な線引きがあるわけでもないため、利用者の間で呼ばれているに留まります。

ヤミ金・闇金融

ヤミ金は、上記の貸金業者とは明らかに異なります。ヤミ金は違法な金利で貸付を行ったり、悪質な取り立てをするものです。ほとんどは正規の貸金業者としての登録もしていない無登録営業となっており、立派な違法行為です。借りてしまうと何らかとトラブルに巻き込まれますので、絶対に借りないようにしてください。

消費者金融で借りる際には、必ず業者の信頼性を確認するようにしましょう。登録番号の確認はもちろん、大手に名称を似せる悪徳業者もありますので、少しでも怪しいと感じたら利用しない勇気も必要です。

トップへ戻る