モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

総量規制が適用されない借り入れ

2010年に貸金業法による総量規制が施行されたことで、消費者金融からのキャッシングは年収の3分の1を超える額の利用ができなくなりました。

ただ、総量規制は「貸金業者」からの過剰な貸出による「生活破綻」を防止するための規定であることから、貸金業法の管轄外の業者からの借り入れや、生活破綻に結びつかない借り入れは規制から除外されます。つまり、いくら借り入れても年収制限の金額には含まれません。

貸金業者以外からの借り入れ

銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンは、銀行法の管轄なので貸金業法が適用されないため、総量規制はありません。なお、クレジットカードは貸金業者が扱っていますが、クレジットカードによるショッピングは割賦販売法の規定が適用されるため、総量規制の対象外です。しかし、クレジットカードからのキャッシングは総量規制の範疇に含まれます。

生活破綻につながらない借り入れ

総量規制は主に無担保のキャッシングを対象としています。不動産担保ローンやマイカーローンのように担保を提供する融資は仮に、返済不能になったとしても担保を放棄することで債務が解消されるため、生活破綻には結びつかないことから、総量規制の対象になりません。

おまとめによる有利な借り入れ

おまとめローンは金利や返済額が減ることから、利用者の一方的な有利となるローンであるために例外扱いとなっています。多くの借り入れを1社にまとめるわけなので、利用者側が不利になる要素は一つもなく、一方的に有利な借り入れ = 対象外となるのです。

その他、個人事業主に対する貸出や、配偶者貸付における専業主婦への貸出も例外になっていますが、多くの消費者金融では専業主婦の申し込みは不可としているため、例外となっていても借り入れが出来ないのが現実です。

トップへ戻る