モビットはWeb完結によるキャッシングなら、電話も郵便物も不要の借り入れも可能となります。

電話無しのキャッシング

キャッシングを利用したいけど、いくら個人名とは言っても会社へ電話がかかってくるのは困る方も少なくありません。担当者が個人名で連絡をするとは言え、見知らぬ個人から会社へ本人宛に名指しで電話が来れば怪しまれてもしまうもので、出来ることなら避けたいと考えるでしょう。

内緒の借り入れに適するWeb完結

そんな声に応えているのがモビットのWeb完結です。通常のWeb申し込みよりも必要書類や条件こそ増えてしまうものの、Web完結で申し込みを行うのであれば、内容に不備が無ければ本人にすらも電話がありません。モビットのWeb完結ではカードレスのキャッシングとなるので、カードや契約書類はもちろんのこと、利用明細の郵送物もありません。

一部金融機関でも電話無しのキャッシングを行っているので、電話無しの契約はモビットだけのサービスではありませんが、素早く借りつつも電話無しで利用出来るのはモビットの大きな魅力、人気のポイントとなります。

Web完結に必要な書類や条件

通常のWeb申し込みであれば、基本的に本人確認書類と収入を証明する書類があれば問題ありませんが、Web完結の場合にはいくつか必要条件もプラスされます。ぱっと見ると面倒に見えるかもしれませんが、何も役所に取りに行かなければならないような複雑な書類はありませんので、勤めている方であればすぐに用意が出来るものばかりです。

  • 指定銀行の普通預金口座

必要条件その1Web完結を利用する場合には、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の申し込み者本人名義の普通預金口座が必要となります。指定の2行以外では利用出来ませんので、お持ちでない方は通常のWeb申し込みか、機械での手続きとなります。

  • 所得を証明する書類

必要条件その2源泉徴収票や所得証明書などの、所得を証明する書類が必要となります。または直近2か月分の給与明細が必要となり、手持ちで申し込み時に提出可能であれば、直近1年分の賞与明細書もあると、審査がスムーズに進むようになります。

  • 社会保険証や組合保険証

必要条件その3通常のWeb申し込みと決定的に違う点が保険証が必要か不必要かであり、モビットのWeb完結での手続きにおいては何れかの保険証が無いと手続きが出来ません。電話をしない代わりに、勤務の証明となる社会保険証等の提出が必要なのです。

思っているよりも複雑ではない

面倒に思えるWeb完結の必要条件や書類も、整理をして考えてみるとそこまで複雑なものではありません。指定の銀行口座についてはメガバンクの2行なので既に口座をお持ちの方も多く、ネックとなるのは社会保険証だけでしょう。

働いていて給料を貰っている方なら通常であれば給与明細は渡されるはずですので、保険証さえクリア出来れば、Web完結の必要条件を簡単にまとめてみると以下のようになります。

どちらかの指定の銀行口座+給与明細(直近2か月分と出来れば直近1年分の賞与明細)+社会保険証

第00位

モビット

Web完結なら電話や郵便物の無いキャッシングも可能な、信頼の出来る借り入れ先です。

実質年率限度額審査時間融資時間
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
来店不要で手続きが出来るようになっており、14:50までの振り込み手続き完了で最短即日融資も可能となります。また、週末の土日でも、ネット審査完了後に近くのローン申込機まで行けば、その日のうちにカードが受け取れる可能性もあります。審査結果によってはご希望に沿えない場合もありますが、収入や他社利用状況に問題が無ければ申し込みが出来ますので、まずはモビット公式サイトで確認してみましょう。
モビット
公式サイトで詳細を見る

Web完結にもデメリットがある

電話も郵送物もなしで契約まで進められるモビットのWeb完結には、メリットばかりではなくデメリットもあります。Web完結での申し込みで必要となる書類や条件のハードルが高くなる点だけでなく、契約後の利用においてもWeb完結には欠点が存在しています。その一つが、夕方や土日の融資です。

  • Web完結は振り込みキャッシング

カードレスとなるWeb完結は、借り入れは銀行口座への振り込み融資となります。平日の銀行日の営業時間内であれば対応も可能ですが、時間外や土日などの銀行休業日では振り込みによる融資が利用できません。

カードがないのはメリットでもあり、デメリットでもあります。カードレスではATMで限度額内で素早く借りることができないので、銀行振り込みでの対応ができないとキャッシングの利用そのものが行えません。

カードを使ってATMで便利に素早くお金を借りたい、返済もスピーディに行いたいと考えるなら、モビットのWeb完結ではない通常のWeb申し込みも検討してみると良いでしょう。Web申し込みなら来店不要の手続きでカードの発行がされるため、カードを受け取り次第ATMで限度額内で利用が可能です。

対応する提携ATMも全国に数多く設置されていますので、通常のWeb申し込みでカードが発行されるタイプであれば、必要なときに素早くキャッシング利用ができます。

Web完結ではない通常のWeb申し込みであれば、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちでない方でも申し込みが可能です。また、審査の結果によってはご希望に添えない場合がありますが、14:50までの振り込み手続きで最短即日融資も可能です。

Web申し込み時の郵送物

Web完結ではなく通常のWeb申し込みとして手続きを進める場合には、契約後にモビットカードの郵送がされます。本人の受け取りに限定される形で届くため、基本的に家族が受け取って勝手に中身を見てしまうといったことはありませんが、どのような封筒で届くのか、封筒を見ただけでモビットでの契約がばれないかと心配に思う方も少なくありません。

大手消費者金融のモビットではプライバシーをしっかりと持ってくれるため、周りの方には分からないような封筒でカードを届けてくれます。差出人名にもモビットの記載はなく、「MCセンター」の伏せられた差出人としての郵送物となっています。

ぱっと見ただけではどこからの郵送物かは分からず、モビットのカードが入っているとも封筒を見られただけでは分からないようになっています。

ただ、「MCセンター」を調べるとモビットからの郵送物だとばれてしまう場合があるので、いくら封筒にモビットと記載されていないとしても、家族の方などにばれたくない場合には封筒はなるべく見られないようにしておくと安心です。

Web完結であれば上記のような封筒も届かない郵送物の無い契約とはなりますが、その分だけ上に挙げたような利用におけるデメリットもあるので、郵送物が届いても便利な利用が行える通常のWeb申し込みと、郵送物が無くても不便な点があるWeb完結と、どちらの手続きでモビットの契約を進めるかを考えておくと良いでしょう。

郵送もなくカードの受け取りを行いたい場合には、ネットでの通常のWeb申し込みを進めた後に、近くのモビットローン申込機まで行く手続き方法もあります。ネットで申し込みを行っておけば早い手続きで契約が進められ、急ぎの際にも頼れるモビットのキャッシングが利用できます。

ローン申込機を使う早い手続き

モビットはWeb完結を含めてネットでのサービが充実していることもあり、来店不要のキャッシングばかりが注目されがちです。しかし、手続きはネットだけではなく契約機であるローン申込機を利用する方法も選べ、より早い借り入れを希望される方には頼れる便利な手続き方法となります。

上にも挙げたようにモビットのローン申込機を利用する前には、ネットでの通常のWeb申し込みを進めて審査まで終えておくと、時間を短縮した契約が可能となります。銀行振り込みでの借り入れとは異なりローン申込機であれば対応可能時間内は土日でも手続きが行えるので、来店不要のWeb契約よりもローン申込機を使う方が曜日や時間を幅広く持った契約が可能となります。

お金が必要になるのは平日の昼間だけとは限らず、夕方や土日祝日に必要になることもあります。週末などにお金が必要になっても、モビットはローン申込機を利用する手続きで最短でその日のうちに借りられる可能性があるため、ネットでのWeb完結をはじめとする来店不要のキャッシングばかりに注目するのではなく、早い手続きが進められるローン申込機での契約も考えてみると良いでしょう。

  • ローン申込機でも翌営業日の扱いとなる可能性

モビットのローン申込機を利用する手続きは、平日でも土日でも時間が間に合えば当日中の契約も可能となります。ただ、必ずしもその日のうちに契約ができるわけではなく、申し込み内容や審査結果によっては、希望に添えられない場合があります。特に気をつけておくべきは在籍確認で、週末の申し込みで審査の際の勤務先の在籍確認が取れないなどとなると、その日のうちの契約が難しくなります。

モビットの土日手続きの注意点

モビットの申し込みも審査も土日でも可能ですが、審査の際の在籍確認に関しては注意が必要です。審査で必要となる在籍確認は、Web完結を除くとモビットの担当者が個人名で勤務先に直接電話をかけて行うため、勤務先が土日で休みなどとなると確認が取れなくなってしまいます。

モビットの在籍確認の電話は必ずしも自身が電話に出なければならないわけではなく、たとえ電話に出られないとしても席を外していたり休みであったりと、勤務先にいることが分かれば問題はありません。しかし、勤務先自体が休みとなると電話での対応自体が行えないので、モビットによる在籍確認が進まないのです。

勤務先が土日は営業をしておらずに電話が繋げない場合や、その他にモビットの在籍確認に関する何らかの疑問や質問等がある場合には、まずはモビットのコールセンターに問い合わせてみると良いでしょう。

分からないまま手続きを進めるのは希望通りのキャッシングの利用ができなくなる可能性があるばかりではなく、失敗をする原因ともなるので不明点はすぐにでも聞いておくと安心なのです。

モビットでは在籍確認の際の細かな指定などに関しては、対応が難しくなっています。例えばモビットの担当者が電話をかける際に名乗る名前を変更してほしいなどは、正しい在籍確認が行えなくなる可能性があるために受け付けられません。

モビットに申し込む前に確認

他社のキャッシング利用がある方で、返済が今現在遅れていたり不足返済をしてしまっている場合には、モビットで審査を受けても通らない可能性が非常に高いです。また、直近の半年間で何社もの審査を受けて落ちている方も同様で、多重申し込みは特に嫌われる要素となるため、何社も同時期に審査を受けるのは避けてください。

  • 審査で重要となる信用情報

信用情報機関はキャッシング審査の際に重要とされる他社の利用履歴が記録されているところであり、借り入れや返済の他に申し込みの履歴もCICには半年間残っています。そのため、1社や2社程度ならまだしも、5社も10社も申し込みをしている方は返済能力や信用に疑問符が付いてしまうため、審査に悪影響が出てしまうのです。

モビットの便利な使い方

フリーでのキャッシングはもちろんですが、モビットでは他社からの借り換えやおまとめとしても利用が出来ます。商品としてのおまとめローンを用意してはいませんが、自由な用途で利用が出来るモビットであれば、細かく複数から借りている借金を一まとめに出来ます。

また、他社で借りているカードローンキャッシングよりもモビットの方が金利で優れる場合や、利便性で勝ると考えるのであれば、モビットで借りたお金で借り換えることも可能です。

おまとめの場合はある程度のまとまった融資まで対応可能な場合もありますので、申し込みをする前に一度モビットに相談をしてみるのも良いでしょう。消費者金融の中でもモビットはおまとめに対しても人気となっていますので、頼れる借り入れ先として好評なのです。

モビットで借りたお金の用途

様々な用途に幅広く使えるモビットのキャッシングは、リフォーム資金や教育資金、今後のお金の要りように対する備えとしても人気があります。それぞれの目的を持つローンは専用の目的型ローンを使う手もありますが、目的ローンにはメリットばかりではなくデメリットもあるためにモビットでのキャッシングで用立てる方も多いのです。

リフォームにしても教育にしても、金融機関を見ればリフォームローンや目的ローンがあります。これらの目的型のローンは消費者金融となるモビットでのキャッシングよりも金利が低いため、返済の負担だけで考えるのであればモビットで借りるよりも良いことになります。

しかし、目的型のローンはその用途以外には利用ができず、資金使途を明確にする書類を提出しなければならないなど、どうしても面倒で不便になります。また、金利が低い分だけ審査基準も厳しくなっているので、申し込みをしたとしても審査に通らない可能性も高くなってしまいます。

そもそもの審査結果の回答自体もモビットと比べると遅く、融資の実行も日数を要してしまうため、リフォーム資金や教育資金、その他の用途に使う場合であっても急ぎでお金が必要となると目的型のローンではなくモビットが良いとなることもあるのです。

リフォーム資金をモビットで借りる

リフォーム資金をモビットでのキャッシングでまかなうとした場合には、大規模に使うよりも小規模な範囲に留まります。と言うのも、モビットは年収の3分の1までしか借りられないため、大規模なリフォーム資金を借りることは現実的ではありません。

数十万円程度までのリフォームや修理といった範囲ならモビットでの借り入れで十分に対応ができるため、そこまで大きな金額ではなくとにかく早めにお金が必要、早めのリフォームや修理等が必要となるような状況であれば、時間がかかるリフォームローンの融資を待つよりもモビットでのキャッシングを検討するのも良いです。

ただ、モビットのキャッシングは上限で実質年率18.0%での借り入れとなる可能性があるため、リフォームローンよりも返済の負担が大きくなりがちです。毎月の返済金額や最終的な支払い総額など、借りる前には無理のない返済計画となるようにしっかりと確認をしておきましょう。

早さの面で見ると金融機関で借りる目的型のローンよりもモビットのキャッシングが優れているので、早くに現金を用意する必要があればモビットは金利差を考えても便利と言えます。

教育資金をモビットで借りる

教育には何かとお金がかかるもので、入学金や授業料などで大きなまとまった金額が必要となる場合が多いです。数百万円などの非常に大きな金額となるとさすがに金融機関の教育ローンなどの目的型のローンを考えるべきですが、そこまで大きな金額でなければモビットで用立てるのも悪くはありません。

塾にかかる費用や部活で必要となるちょっとしたお金を、金融機関で借りる教育ローンよりもスピーディなモビットで借りてまかなう方も少なくありません。急ぎで必要であればモビットでのキャッシングは便利なため、教育資金としても大きな金額でなければモビットでの借り入れを検討するだけの価値はあります。

限度額の範囲内なら繰り返し借りられるのもモビットが目的を明確にした借り入れにも人気となる理由で、教育資金として借りる場合も追加でお金が必要となってしまったとしても、限度額に余裕があれば再申し込み不要で追加で借りられます

教育には何かと継続的にお金がかかるものなので、追加で必要になった際に限度額の範囲内なら追加で何度でも借りられるモビットのキャッシングは、教育資金としての利用にも向いていると言えます。

教育資金と一まとめにしても幅広く、目的型の教育ローンで借りる場合には事細かに資金使途を明確にしなければならないためにどうしても手間がかかります。その点、モビットであれば資金使途を明確にする書類などは基本的に不要となるため、手間をかけずに手続きが進められる良さもあります。

備えとしてモビットで契約をする

今はお金があるとしても、今後の要りように備えてモビットに申し込みをし、契約を行っておく方も一定数はいます。すぐに借りないのであれば無理に今に申し込みを行う必要は無いのですが、今後にお金が必要になるそうな予定がある、もしかしたらお金が足りなくなるかもしれないといった状況が考えられるのであれば、事前に用立てておくのは良いことと言えます。

いざお金が必要になってから金策に走るとなると、どうしても慌てて焦ってしまいます。モビットだけでなくどこでもキャッシングの審査は必ず通るわけでもないので、お金が必要になってから申し込みをして審査に落ちてしまったりすると、お金が用立てられなくなってしまいます。

しかし、事前に契約をしていつでも借りられる状況にしておけば、お金が必要になったときに素早くATMや銀行振り込みによって必要な金額を限度額の範囲内で借りられます。契約をした後にカードを持っているだけ、契約を行っているだけであればモビットでは余計な費用はかからないので、今後の備えとしての申し込みをしておくのも便利な使い方となります。

モビットは入会金も年会費もかからないので、キャッシングの利用をしない限りは費用はかかりません。お金を借りれば利息の負担がありますが、借りない限りは費用は不要となります。

目的に合わせて使う

幅広く便利に借りられるモビットは、便利だからと無計画に借り入れを重ねてしまうと返済が大きな負担となる可能性があります。余裕のある返済でキャッシングを利用するためにも、計画を持って目的に合わせて利用をするようにしましょう。

また、利用における目的が問題ないか、モビットでの借り入れの利用ができるかがわからない方は、申し込み前に問い合わせて確認をしてください。基本的に健全な消費性資金、生計費としての範囲であれば利用ができますが、わからないことはしっかりと聞いておいた方が安心して申し込みが進められるようになります。

モビットでよくある質問

モビットの審査基準は?
どのような人が申し込めますか?
20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある方であれば、モビットへの申し込みが可能です。アルバイトでもパートでも、収入が安定していれば利用対象となります。
モビットの審査時間や各条件
利用条件 20歳~69歳までの本人に安定した収入をお持ちの方
(アルバイトやパートも、安定した収入で利用可)
審査時間 10秒簡易審査
必要書類 運転免許証
(お持ちでない方は健康保険証など)
担保・保証人 必要ありません
毎月の返済額はいくらですか?
返済日は何日ですか?
モビットの返済金額は借り入れ残高によって変わります。1ヶ月に1回、決められた約定返済日に入金を行う方式で、10万円以下の借り入れ残高なら月々の返済金額は4,000円となります。また、4,000円以上の入金を行う追加返済も可能です。
モビットの返済に関する基本情報
借入残高 10万円以下 10万円超
20万円以下
20万円超
30万円以下
30万円超
40万円以下
返済金額 4,000円 8,000円 11,000円
返済日 毎月5日、15日、25日、末日から選択可能
返済方法 ATM返済型と口座振替型の何れか

※40万円を超える借り入れ時の返済金額は、モビット公式サイトでご確認ください。

トップへ戻る